台湾展示会 COMPUTEX2019レポート

令和になって初めての台湾展示会 COMPUTEX2019。
19年05月29日(水)から06月01日(土)まで訪問してきました。


■101展示会場
台湾中心部に高くそびえる台北101タワー。
建設された2004年当時は世界一の高さを誇ったタワー「台北101」も、後から建設されるタワー達に高さを追い抜かれ、世界50位のランキングにも入らなくなってしまいました。
その101タワーに隣接する「101展示会場」は、これまでCOMPUTEXのメイン会場でしたが、2007年、南港地域に「南港展示会場」が完成してからは規模が縮小され、今年19年は1階フロアーをも縮小利用しての開催でした。
下記写真、1階奥を見ると真っ暗ですが、あの奥も展示会場としてのスペースが広がっています。

台北市中心部、101タワーに隣接する通称「101展示会場」、今年は展示規模が縮小気味で、StartUP起業や台湾の大学生たちによるブースが多めでした。
「COMPUTEX2019」が表示されるモニター。

■南港展示会場

南港展示会場

台北の中心地からMRTで30分ほど東の場所に南港エリアがあり、展示会場があります。

ASUSブース。パソコン自作業界最高峰。昔は知人が在籍していましたが従業員の入れ替わりが激しく、今は知らない人ばかり。
自作パソコン業界は、秋葉原を中心に2000年前後にピークを迎えましたが、その後下火に。ここ数年は「ゲーミング/e-sports」ブームで盛り返しています。
コンシューマーベースでゲーム環境を整えることが流行っており、PCはもちろんのこと、キーボードやマウス、ゲーミングチェア(椅子)が流行っています。
スマホと連動させて健康状態を知る、Lighitning接続の健康測定器。
持ち運びができる(?)、3パネルのモバイルパソコン。エアプレイン(操縦席)環境をその場でつくり、パイロットのトレーニングを行うとか。某大手の通信機器会社(N社)が採用しているそうです。アメリカの会社。
バーコードを読ませるPOSレジは日本でも主流ですが、最近では商品の形状(パッケージデザイン)を上からのカメラで認識して料金計算させる新しいPOSシステム。参考出展だそうです。

展示会場を歩いていたり、カフェで休憩していたりすると、旧知の担当者達とばったり出くわします。今回のCOMPUTEXはノンアポで訪問したのですが、4,5名の担当者に偶然出会い、挨拶を交わします。
お得意(?)の中国語で「好久不见了~」と言うと、「こんにちは~、お久しぶりです~」と、日本語が話せる台湾人担当者もいらっしゃいます(笑。


■ 台湾の秋葉原、光华商场/光華商場

展示会後は光華商場に行き、台湾現地のパソコン市場を肌で調査します。

日本の秋葉原の雰囲気に似ている、光华地区。近くに光华商场ビルがあります。

■ 台湾のおかゆ

宿泊するホテルの朝食。おかゆは台湾のメジャーな朝食です。

新規取引業者開拓のために06月01日(土)まで4日間、台湾出張をしてきました。